思い返せば20年前。「どうしてもクリスマスまでに会社をつくって、浅野さんが社長やらな」という一声で、12/25に登記をしました。当時大きな仕事が決まって、高い機械を会社に置いて年明けに引き渡す際に保険に入るため、なんちゃってではダメなので、急いで手続きをしました。しかし、心の奥底では「会社をやりたい」という気持ちが強く、なんの不安も感じずスタートしました。今から思えばかなり無謀でした。
20年といえば、人で考えればハタチのお祝い。お酒も飲める立派な大人です。親にも認められ本当は独立して自分の20年を振り返り、一番したいことをするべき。
ファイコムの場合はどうでしょう。
組織としてやりたいこと、それぞれがやりたいこと、お客様がしたいこと。そういったことを自身で判断して、どんどん「やりたいこと」を実現できる時です。そういった実力も付いています。協力してくれるパートナーやお客様にも協力していただいて。そうやって関係者全員で「やりたいこと」を実現できる会社であり続け、いつもワクワク、ドキドキできるよう、いろんなことに関心を強く持ち、持ち前のフットワークで、どんどん輪を広げていきたいと感じています。

ロゴマークの「おっ、先に行きます」の意図は、お客様や協力者の方々とおもしろく仕事を進めるにあたり、半歩ぐらい先に行って色々仕入れて、提案内容を広げたり、見たことがないしくみ・デザインが提案できるようにすることを表しています。私たちの関心を使って、お客様に刺激を与え、コミュニケーションがおもしろくなる。そんな活動をもっと前向きに、勢いのある感じを伝えられたらいいな、と思っています。

ファイコムの20周年は、「おっ、先に行きます」で皆さんをリードしていく年にしたいと思います。

2018年12月25日